A型看板は設置が簡単だがアピールしやすい

A型看板は折り畳み可能なスタンド型の看板の1種で、お店の入り口近くとかなどに多くみられるタイプです。この看板の見た目は設置したときは横から見るとまるでAのような形をしていて、斜めの部分に広告を表示するようにします。そのため表と裏で2つの広告を表示させることが可能となります。また撤収や移動をするときは底辺にある金具を折りたたむことでコンパクトに移動や収納がしやすくなっています。そのA型看板は大きさが2種類あります。1つはA1で、もう1つがA0となっていて、A1は縦841㎜で横が594㎜に対し、A0は縦が1189㎜で横が841㎜となっています。その看板の掲載内容は普通の紙のポスターをあらかじめ製作しておき、それをクリアファイルのような感じでこの看板に挟み込むようにして掲載します。看板の表面は塩ビ加工されてる保護シートとなってる場合が多くなってます。そのため雨が来ても少々ならば中のポスターは濡れずに済みます。ただあまりに多量で横殴りでも来たらその保証は確保できません。

A型看板のいいとこは制作費とメンテナンスの手間

看板には様々な種類があって、そのうちの1つにA型看板というのがあります。これは設置したときに、そのスタイルが横から見るとAのように見えるからそう呼ばれています。この看板には他の看板に比べて様々ないいとこがあります。まず1つはそれ自体が安いことです。この看板の場合は御大きさがA1とA0の2種類がありますが、いずれも約1万円から2万円前後で買えます。そしてもう1つはメンテナンスの手間がかかりにくい点です。最近はカラフルなLED表示の看板が存在感を発揮してますが、これは動画や音声や文字が動いたりなど存在感がある代わり、その看板自体の寿命が10万円以上の高価な割には約5年程度と短いのが難点です。しかしこの看板は広告内容自体は紙のポスターで別に制作をしておき、それを透明なブックファイルに入れ換えるような感じでこの看板に挟み込むようにするだけで済みます。そのため普通の屋外の木や金属広告に直接描き塗り直すような手間と時間がかかりません。

A型看板のいいとこは長寿命と手間かかりにくい

この世には様々なタイプの看板があり、そのうちの1つとしてA型看板というのがあります。このタイプの看板のい良い所の1つは、それ自体が手間がかかりにくいという点です。まずこの看板はほとんどは金属や木でできていますが、コストが1万から2万の割にはその気になれば10年や20年くらいは使えるからパフォーマンスに優れています。木の場合は黒板となっていて、1万円もかからない場合があります。またこの看板はAからIの字のように畳んで移動させることができるようになっています。そのため普段は屋外においていても閉店時間になると店内にしまいこむこともできます。また悪天候時も同様に退避させることができます。それから掲載内容は金属製の場合は別途紙に制作し、出来上がった紙のポスターをその看板に貼りつけるみたいな形となります。一方木製の場合は黒板として提供されてるのがあり、それらは所有者がチョークなどで直接描いたりなどします。飲食店などではこの木製が比較的多く、チョークでアピールしたいメニューとその値段が日替わりで書かれていたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*